ワインに適したブドウ作り

一般的にワインとはぶどうを発行させて造るアルコール飲料のことで、その歴史は古く新石器時代には醸造がはじまっていました。
発祥地はグルジアやアルメニア、アゼルバイジャンが通説として候補地に挙げられているが、近年ではDNAの解析から判明したデータによって、トルコのアナトリアである可能性が挙げられています。


ワイン造りはブドウの栽培からはじまり、畑の日当たりや土壌、気候などの要素が、品質に大きく関わります。

Girls Channel情報をお探しですか。

適した土壌とは水はけの良い痩せた土地で、ミネラル分に恵まれていることが生育には必要です。
ブドウ栽培に適している気候とは、暖かく日中と夜間の温度差があり、十分な日照時間が取れ乾燥している地域です。


ブドウの蔓は10度以上で生育をはじめますが、気温が高すぎると生育は止まります。

お手軽に日比谷の鉄板焼きの情報サイトはこちらです。

10度から20度のあいだがブドウの生育には最も適しています。



醸造は酵母によるアルコール発酵で、ブドウにある糖分がなくなるまで続きます。

醸造家は温度の調節などをおこない醸造過程を正しい方向に導くことにより、良質で個性のある赤または白ワインを造ります。

ブドウには黒ブドウと白ブドウがあり、赤ワインは赤い皮のブドウを使い、果皮や種子、果汁を一緒に発酵させた後に搾ります。
一緒に発酵させることで色素がアルコール分に溶け出し赤い色が付きます。

白ワインはブドウから果汁だけを先に搾り、その果汁のみを醗酵させています。果汁は白色なので色素が溶け出すことは無なく、白色のものが出来上がります。

Copyright (C) 2016 ワインに適したブドウ作り All Rights Reserved.